弁理士という職業とは?

弁理士という職業とは?

弁理士という職業を聞いたことありますか?意外と普通に生活している分には関わりが少ない職業です。

弁理士とは、個人で発明をされた方や新製品を開発した企業の代わりに知的財産権の申請を代行して行う職業です。

知的財産権とは、代表的な産業財産権があり、高度な創作や発明の技術を保護する「特許権」と「実用新案権」。

開発したデザインの権利を守る「意匠権」。

そして社名や商品名・サービス名などの名称の保護をする「商標権」。

これらの権利を特許庁に申請する仕事で、この申請の代行を行う事が可能なのはは弁理士にのみなのです。

また主な業務は、知的財産権の申請書類作成や手続きの代行ですが、今ではそれだけにとどまらず、これらに関するコンサルティング業務や類似品がよそから出た際の訴訟代理、また国内のみならず海外への知的財産権取得やライセンス契約に関する交渉など、ワールドワイドに活躍をしている弁理士もいます。

彼らは特許事務所や大手企業の知的財産に関する部署で働いているケースがほとんどです。

弁理士について詳しく知る

弁理士はその多くが特許事務所や法律事務所、そして大手企業の知的財産にかかわる部署に所属して、仕事をしています。

その仕事内容とは、新しく開発された商品や発案、商標などが他と類似するものがないか?独創性はあるか?過去に同じようなものが出ていないか?などの観点から、完全なオリジナルであり、特許権や実用新案権、意匠権や商標権を取得することが可能であるかを判断し、可能であると判断できれば、発明者や開発者や企業の代わりに特許庁にの出願手続きを担当します。

その際に、意匠、商標に関してのポイントを詳しく説明した書類を作成し願書と共に特許庁に提出します。

ここで重要なのが権利がすべて滞りなく取得できるように、漏れや抜けのない書類の作成をすることです。

弁理士になる為に

もし抜けなどがあれば、ライバル企業や他の開発者に足元をすくわれ権利を取られてしまう事があります。

また特許庁から拒絶理由通知という申請を却下する書類が届いたら、補正案や意見書を新たに提出します。

もし特許庁の審決に不服な場合があれば、弁理士は代理人として訴訟を起こすことができます。